ハンダ吸取器 修理


弊社では基板修理や基板部品実装など行っております。


その際、基板に実装されている部品の取り外しをするために、

ハンダ吸取器を使ってハンダを除去し部品を取り外します。

実物がこれです。
d0327632_11134880.jpg

この吸い取り部分の部品の一部が頻繁に壊れてしまいます。
d0327632_11225579.jpg
d0327632_11384017.jpg

ただこの製品、もう生産終了して消耗部品の生産も終了してしまったようです。。。



ということはもう捨てるしかない!?


いやいや、正直ハンダ吸取器は高いので交換するのはちょっと…



じゃあ直せばいいのでは!?


でもどうやって付けるか…


溶接機を使っては無理みたいだし、

ハンダゴテで付けたとしても、吸取器自体に熱を持ってしまうから

溶けて取れてしまうし。。。



調べてみると『銀ロウ溶接』ってのが良さそう。


融解温度が620℃~800℃くらいなので、コテの温度では溶けないようです。

d0327632_11474403.jpg
このフラックスと銀ロウの二つを指定の割合で混ぜ、
接続部に塗りバーナーで炙ると銀ロウが融解し部品が付きます。
d0327632_11565128.jpg
d0327632_11575152.jpg

これが結構難しくて、バーナーで炙ってる時間が短すぎると銀ロウは溶けないし、

長すぎてもフラックスが蒸発してうまくつかなかったりします。

コツをつかむまで何回も失敗してしまいました(笑)

でもなんとかできました!!
d0327632_12000497.jpg

d0327632_12003531.jpg

取れにくくするために、耐熱の接着剤みたいなのをつけました。

なんとか使えるのでよかったです。



てか、最初から直せば良かった…買い換えずに…



壊れてるのが4,5本あったので全部直しました!




なんでもできることは自分でやらないとだめですね。



(有)マイ・コント・ハウス函館
〒041-0812 北海道函館市昭和4丁目45-8
TEL (0138)43-7458 FAX (0138)43-7459
E-Mail kazuyuki.iida@ncv.jp
URL http://www6.ncv.ne.jp/~mch/

[PR]
by mch_base | 2013-11-28 13:26 | 社内業務

電子部品販売

㈲マイ・コント・ハウス函館では電子部品販売も行っております。

在庫があるものに関しては通販・他店舗よりお安く販売できる商品もございます。




トグルスイッチ
d0327632_16032765.jpg

マイクロスイッチ
d0327632_16405476.jpg


タクトスイッチ
d0327632_16420814.jpg

各種ブザー
d0327632_16423492.jpg

各種コンデンサ
d0327632_16423952.jpg

各種TTL IC,CMOS IC
d0327632_16430165.jpg

各種抵抗
d0327632_16434785.jpg

LED
d0327632_16440979.jpg



他にも多くの部品や、デットストック品なども取り揃えておりますので、
お探しのものがあればお気軽にお問合せ下さい。

(有)マイ・コント・ハウス函館
〒041-0812 北海道函館市昭和4丁目45-8
TEL (0138)43-7458 FAX (0138)43-7459
E-Mail kazuyuki.iida@ncv.jp
URL http://www6.ncv.ne.jp/~mch/

[PR]
by mch_base | 2013-11-25 16:48 | 電子機器

TW 冬眠。

d0327632_10475555.jpg

だんだんと寒くなってきて、本格的な冬に向かおうかという季節になってきました。


そろそろバイクに乗るのも厳しい季節なので、週末に実家にしまいに行きました。


内地だと厚着すれば乗れますが、流石に雪が降る北海道では乗れない…


春まで冬眠です。


しまう前に写真を!と思って撮ってみると結構サビが多いです。。。

でも最近は『サビも味』かなと思ってきたので、サビ取りはしないかも(笑)

まぁ、エンジン塗装くらいはしてあげたいです。

冬の間にできれば、持ってるパーツ全て交換したいです!!(寒くてできない可能性大ですが…)

春にはボバー化したTWに乗れるかな!?

d0327632_10524789.jpg
d0327632_10563433.jpg
d0327632_10574067.jpg
d0327632_10582632.jpg
d0327632_10594587.jpg
d0327632_11013455.jpg



P.S. だんだんと石窯の土台できてきました。
d0327632_11041553.jpg
d0327632_11050655.jpg

[PR]
by mch_base | 2013-11-25 08:27 | TW200

ある週末の朝

週末に実家の愛犬の世話をして欲しいということで泊まりに行ってきました。

ゆき(愛犬の名前です。)に朝御飯をあげて、そのあと少し散歩しました。


朝早く天気がよくて、少し寒かったですけど気持ちよかったです。


実家の目の前は海なんです。漁師町で函館市内の中でもかなり田舎ですがいいところです。
d0327632_20234708.jpg
かなり田舎だな~(笑)
d0327632_20254678.jpg
d0327632_20254506.jpg
d0327632_13040690.jpg

ゆきと散歩中。
d0327632_20272187.jpg
d0327632_20295440.jpg
散歩が終わって家に帰ろうとしたら…


d0327632_20325239.jpg
ゆき『まだ家に帰るのは嫌だよ。散歩したりないよ。』

『いいから帰るぞ!!』
d0327632_20352531.jpg
ゆき『えぇ~工エエェェ(´д`)ェェエエ工』
d0327632_20364769.jpg
ゆき『こっから動きません!(-ω-)』


胸キュン!!



可愛いな~。結局このあとしばらく散歩させられました。

d0327632_20403165.jpg
石窯製作計画も着々と進行しております。

まだ土台すらできてませんが…

進んだらまたアップしたいと思います。
[PR]
by mch_base | 2013-11-18 20:50 | 日常

撮影ブース 自作

ホームページをリニューアルしたり、ブログを始めたりして、
弊社の製造商品や販売部品などをアップすることが増えてきました。

今まではコンデジかスマホで撮影してアップしていましたが、
一眼レフも購入したのでこれからはそちらで撮って紹介していこうと思います。



でもどうせ撮るならより綺麗に撮りたい!!




色々調べると、フィギュア撮影用などで撮影ブースを自作されている方が多いようです。

費用もそれほどかからなそうなので、作成してみることにしました!!



まずはダンボールを用意します。
初めて作るので少し小さめのダンボールにしました。

d0327632_17581217.jpg
これの側面の一部分を切ります。

d0327632_18000912.jpg
こんな感じ。
d0327632_18011232.jpg
次に蓋の部分の二箇所をテープで固定します。
d0327632_18023472.jpg
次に先ほど切った部分を内側に折り込み、テープで止めます。
d0327632_18035645.jpg
このような状態になります。
d0327632_18045992.jpg
次に側面の内側にアルミホイルを貼ります。少しくしゃくしゃにするみたいです。
d0327632_18065487.jpg
次に光をいい具合に拡散させるために、上部にトレーシングペーパーを貼ります。
ただ貼ってもいいのですが、今回は蓋っぽい感じになるように作りました。
d0327632_18092024.jpg
中に、背景用の画用紙を取り付けて完成。
上からライトを当てると光がトレーシングペーパーを通っていい感じに光が当たります。
d0327632_18144918.jpg

画用紙が少し小さく、底面のダンボール部分が見えてしまってるからもう少し大きいのじゃないとダメかな。。。
(金属物の撮影をしたらダンボールの色が写りこんでしまった…)

特に紹介できる商品もなかったので、とりあえず手元にあったベアブリックで撮影。
d0327632_18220706.jpg
これが普通にフラッシュ撮影したベアブリック。
d0327632_18235404.jpg
普通に撮影したものは影がくっきりしていますが、ブースで撮影したものは影が柔らかい印象です。

ただちょっと暗いかな…

ライトの数を増やしたり、当てる場所を変えたりとか色々試してみる必要がありますね。


ただね…


腕がないね…


カメラを使いこなせてない。。。


ちょっとガイド本読んで腕が上がった気がしてた。。。


『う~ん、キットレンズじゃダメじゃないの??やっぱ単焦点レンズ欲しいよな~。次に望遠だべ~。』


とか昨日ほざいてたけど‥


恥ずかしい!!



ごめんなさい!!もういいません!!





今のレンズでまず腕を磨きますから許してください!!



ということで、しばらくは今のレンズのまま頑張ります。よろしくお願いします。



これからたくさん製造製品は販売部品を紹介していきますので、
何かご依頼、ご購入などございましたらお問い合わせ下さい。

(有)マイ・コント・ハウス函館
〒041-0812 北海道函館市昭和4丁目45-8
TEL (0138)43-7458 FAX (0138)43-7459
E-Mail kazuyuki.iida@ncv.jp
URL http://www6.ncv.ne.jp/~mch/

[PR]
by mch_base | 2013-11-15 18:39 | 社内業務

D5200ガイド本

d0327632_17252428.jpg
ゲット~♬

これ読んで勉強せな。

[PR]
by mch_base | 2013-11-14 08:24 | Photo

初雪。

d0327632_09230091.jpg
てか降りすぎぃ~!!


久しぶりの雪かきで疲れました…


とりあえず今週末は暖かくなるみたいですけど。


これから毎日雪かきか~。。。


北海道の冬は大変ね。

[PR]
by mch_base | 2013-11-12 08:33 | 雑記

Nikon D5200

d0327632_1637397.jpg


d0327632_16384854.jpg


d0327632_16401498.jpg


d0327632_17185457.jpg


d0327632_17194797.jpg


今はとにかく撮りたいもの撮ってる感じだけど。


ちゃんと構図とか勉強しないとね。
[PR]
by mch_base | 2013-11-08 08:37 | Photo

Mt.Fuji

2013年6月22日。日本最高峰の富士山が世界遺産に登録されました。


私は5年前くらいに富士山に登ったことがあります。

前に勤めていた会社のある部署で、新入社員研修の一環として富士山でご来光を眺めるというものがありました。


私は別の部署でしたが、参加可能ということで富士登山に挑戦しました。


とはいえ、今まで登山なんてものをしたことがなく、
知識も道具もなかったのでとりあえず適当に荷造りしていました。


登山靴はないのでスニーカー。


7月なので『暑いし半袖でいいか。』と考えたり。。。


最終的には長袖を持って行きましたが、今思うと当たり前だと思います(笑)


ほんと舐めてました・・・


5合目からスタートしましたがその時点で寒い!!


しかも、スニーカーとかズルズル滑るし!!


完全に冷やかしできた馬鹿なやつです。。。


深夜0時頃出発しましたが、山頂までものすごい遠いです。


『さっきも8合目じゃなかったけ??』と思うこともしばしば・・・


途中で寝てしまったりとかあって結局登頂に8時間かかってしまいました。


もちろん山頂でのご来光は拝めず・・・


9合目付近でのご来光でした。


でも山頂について景色を見渡すとものすごい達成感に浸れました!


今まで見たことない景色で、とても感動的でした。


下山も5時間ほど掛かってほとんど辛かったですが、とてもいい経験ができました。


なんか最近になってまた登ってみたいなと思ってきたので、機会があれば登りたいですね。

d0327632_15144426.jpg


d0327632_15162847.jpg


d0327632_151721.jpg


d0327632_15172783.jpg


d0327632_1518558.jpg

[PR]
by mch_base | 2013-11-07 08:29 | 雑記

石窯製作計画~完成か!?

さて、石窯製作計画ですが、設計図を描いてから更新が止まっていましたがついに。


じゃ~ん!!
d0327632_9343418.jpg


うそです。すいません、まだ作ってません・・・


以前、北海道新聞に八雲の漁師の方が石窯を作ったという記事が載っていました。


新聞に連絡先が載っており、連絡頂ければ見学可能とのことだったので、


この前の休みに見学に行ってきました!!


ネットなどで石窯の作り方を色々調べてはいるんですが、

実際どういう形になるのかいまいち想像できない部分もあったので、

やはり実物を見たいと思って見学してきました。


いや~見事な出来栄えでしたね!!

d0327632_9405366.jpg


d0327632_942963.jpg


製作者の方も、石窯製作に関して知識がないところから始められたようで、試行錯誤しながら少しずつ完成させていったそうです。

d0327632_9441346.jpg


d0327632_9454121.jpg


しかしすごい・・・ピールや石窯の蓋も自作されたそうです!!




構造もピザを焼くところと燃焼室を分けられていて、自分の作ろうとしているものと似ているので
とても参考になりました!!


製作時の注意点や難しかったところなどを聞くことができたのでとても良かったです。



やっぱり、普通のオーブンで焼くピザと石窯で焼くピザは全然違うようで、断然石窯の方が美味しいようです。

焼く時間も早いみたいですしね。


最後に、石窯で焼いていたかぼちゃを頂きました!!めちゃくちゃおいしかったです!!


お忙しい中、本当にありがとうございました!!



あ~、早く自分で作った石窯でピザが食べたい!!!


よし!頑張るぞ~!!
[PR]
by mch_base | 2013-11-06 09:57 | 趣味