高輝度LEDセグタイマー

d0327632_1824205.jpg


高輝度LEDセグタイマーのご紹介です。


信号を本体に送信することにより、自動的にタイマーをスタート、ストップし、時間を測ることができます。


工場などの機械に設置し、機械の稼働時間などの情報収集などに最適です。


また、PICマイコンを書き換えることにより、時計など様々な用途にも対応できます。


基盤を収納するケースも、板金加工で製作可能です。


大きさ、仕様は変更可能ですので、『何か時間を測りたい』、
『工場の機械に取り付けるちょうどいい時計が欲しい』などありましたら、
お気軽にお問い合わせください。

(有)マイ・コント・ハウス函館
〒041-0812 北海道函館市昭和4丁目45-8
TEL (0138)43-7458 FAX (0138)43-7459
E-Mail kazuyuki.iida@ncv.jp
URL http://www6.ncv.ne.jp/~mch/
[PR]
by mch_base | 2013-10-28 19:07 | 電子機器

念願の・・・

ついに・・・









ついに!









ついに!!!

d0327632_10114171.jpg


一眼レフゲット~!!


いや~、ずっと欲しかったんですよ~。

三年前くらいから相方に欲しい欲しい言い続けてたんですけどね。


『どうせそんな使わないじゃん。無駄無駄。』

って言われてて・・・(涙)



でも、小遣い貯めてやっと買えました!!



相方に援助もしてもらい助かりました!ほんとありがと~!!もう頭上がらないな・・・



箱から出す瞬間がドキドキなんですよね~。


手とか洗ったりして(笑)


相方には『バカじゃない!?』とか言われましたが・・・


しょうがないじゃない!!こういう性格なんだもの!!



まぁ、とりあえず開けて組み立てます。

d0327632_10333352.jpg


うひょぉぉおお~!かっくいい~!!


あ~、抱いて寝たいわ。


最初はCanonのEos Kiss X5のダブルズームキットを買うつもりでした。

予算的にちょうど良かったし、エントリー機としておすすめだったので。



でも調べているうちに、Nikon D5200が同じくらいの値段で買えそうだってことがわかったので!!



人物を撮るならCanonの方がいいみたいなんですが、やっぱり新しくてスペックがいい方が欲しかった(笑)



まぁ、レンズはまたお金貯めて買います!!



D7100の方がいいという意見ももらったんですが・・・やっぱ高い・・・


でもD5200で満足しています!!



試しに撮ってみましたが、やっぱりキレイ!!!



今までスマホとコンデジでしか撮ったことがありませんでしたが、比べ物になりませんな!!

ミラーレス一眼でもいいじゃない?と言う意見もあったんですけど・・・軽いし。





でもやっぱ、ファインダー覗きたいんですよね~!!





それに憧れてたんですよね~!!





撮った後にドヤ顔したいんですよね~!!





まぁ、自己満足ですけど(笑)



いろいろ撮ってみて、とにかく楽しい!!


ただ色々機能があって、どの場面で使うとか、何をこの値にするとどうなるとか全然わからん・・・


これから、勉強しないと!あと一ヶ月半で頑張ってマスターします!


あ~、楽しみなことだらけだわ。
[PR]
by mch_base | 2013-10-16 08:21 | Photo

PC コンデンサ交換

d0327632_16353165.jpg


工場や企業など高稼働のPCで電源が落ちてしまったり、再起動できなくなることがはありませんでしょうか?


これは高稼働(電源入れっぱなし等)により、電解コンデンサが爆発(パンク)したり、容量抜けしてしまうことが原因です。


特に、90年代後半~00年代前半のPCに資料されている電解コンデンサの不良が多いようです。


使用期間が10年くらい経っているPCで、マザーボードの電解コンデンサが膨らんでいるようなものも故障間近です。


しかし、電源が入らなくなってしまったようなPCのほとんどは、電解コンデンサの交換により修理可能です。


弊社では電解コンデンサの交換を承っております。


メーカーに修理に出すよりお安くできると思いますので、故障によりPCの買い替えや、

修理をお願いしようとしている方は、一度弊社にご相談いただければと思います。



(有)マイ・コント・ハウス函館
〒041-0812 北海道函館市昭和4丁目45-8
TEL (0138)43-7458 FAX (0138)43-7459
E-Mail kazuyuki.iida@ncv.jp
URL http://www6.ncv.ne.jp/~mch/
[PR]
by mch_base | 2013-10-15 16:35 | 電子機器

TW サイドナンバー化

d0327632_17175629.jpg


少し前、夜遅くに会社からバイクで帰宅途中に信号待ちをしているとパトカーが後ろに停車しました。


まぁ、何も悪いことはしていませんがなんとなく嫌だな…と思っていました。


信号が青になり、発車すると…


パトカー:『はい~、前のバイク左寄って~。』


僕:『あーきたか。終わった。マフラーか…』


確かに僕のバイクはマフラーが少しばかりうるさいんです。(少しですよ)

でも、発進するとき目をつけられないように音抑えたのに!!!!


と、思いながら渋々左に寄せて停車しました。


警察官がパトカーから下りてくると


警察官:『ちょっと~ナンバー曲がってるよ~。これじゃあ見づらいよ~。』







僕:『はい????』

思ってもいないことを言われてしまったのでびっくりしてしまいました。


僕:『いや、買った時からこれなんですけど…』


警察官:『いやいや~、そんなわけないよね~』


いや、ほんとに買った時からのままなんですよね。。。

それにこの年になってまでナンバー曲げなんてことやりませんよ…



僕:『あ~…すいません。。。』と謝ると、


警察官:『まぁ、ほんとは車両不整備で3000円なんだけど、今回は注意ってことにするから。直しておいてね。』


僕:『はい、わかりました。すみませんでした。』

てな感じで、注意で済みました。



本当はローダウンしてからサイドナンバーにして、テールランプ移設しようと思っていましたが、

もういい機会なんでやってしまおうと思います!!



今回使うのはこれ。
d0327632_17212745.jpg


1mmのアルミ版です。

ナンバーを付けるだけならもっと幅の狭いものでも大丈夫なんですが、

上にテールランプをつけるのである程度の幅のものをチョイスしました。

これに、ネジ穴位置の印をつけます。
d0327632_17241924.jpg


こんな感じになりました。
d0327632_1725046.jpg


いらない部分をカットします。
1mmのアルミ板ですし、カッターで切れ目を入れて力を入れると簡単に折れます。
d0327632_17265535.jpg


ふん!!とこんな感じ。
d0327632_1728244.jpg



ナンバーは少し斜めにする予定なので、手で曲げて角度を付けます。
d0327632_17302297.jpg


d0327632_17305067.jpg


では、印をつけた所に穴をあけていきます。

使用しているネジのサイズは様々なため、大きさに合わせてドリルを変えます。

d0327632_17314956.jpg


こんな感じ。
d0327632_17335885.jpg


失敗しました…
d0327632_17343941.jpg


さて、場所はどこにしようかな…

あまり、新しく穴とか開けたくはないので、どこかいいネジ穴を利用できればいいのですか。。。


ここかな。
d0327632_17362019.jpg


タンデムステップ。まぁ、ローダウンしたらどうせ外すし今から外しちゃいます!

d0327632_17395786.jpg
d0327632_17403543.jpg


ここに曲げたステーを付けて、テールランプとナンバーを装着したアルミ板をネジ止めすると。


完成。
d0327632_1742477.jpg


少し引いた図
d0327632_17425969.jpg



ん~…やっぱりローダウンしないと変ですね。


あとは、1mmのアルミ板だとペラペラ過ぎです(笑)

ステーも細いし、一か所だと不安定だし。


あと工具の使い方、やり方の知識が不十分の為、出来が悪くなってしまいました…



社長にも『行き当たりばったりじゃ全然ダメ。工具も使い方ちゃんと覚えないとけがするぞ』と言われてしまいました。。。



作り直しですね。これは。



次はステーとナンバープレートホルダーをステンレスで作ってみようと思います。強度もあるし。



今度はうまくできるように頑張ろう。。。
[PR]
by mch_base | 2013-10-09 08:21 | TW200

HAPPY WEDDING & …

d0327632_1442201.jpg


来る、現地時間10/5(日本時間10/6)に

高校時代からの友人のN様がハワイで結婚式を挙げられました。



本当におめでとうございます!!



私もハワイにお祝いに行きたかったんですが、都合がつかなくて行けませんでした。。。ごめんね!



N様とは高校時代からの友人であり、最初に出会ったときは『かっこいい人だな~』と思っていました。


センスがいいというかもはや完成されており、歩くメンズノンノと呼ばれていました。


憧れましたね~。



そんな彼も高校では音楽やカルチャーを学び、さらに自分を磨いておられました。


また、大学時代も住んでいるところが比較的近くということもありよく遊んでいました。

いい思い出ですね。



そんな彼も結婚したということで僕も年を取ったな~…と感じます(笑)


お相手も大学時代のご友人でありとても可愛らしくN様にぴったりな方です!!



日本に帰ってきたらぜひお祝いさせてくださいね!!



本当におめでとうございます!末永くお幸せに!!




あ、



あとKちゃん誕生日おめでとう!!
[PR]
by mch_base | 2013-10-06 00:00 | 日常

さて、石窯を作ると宣言したものの何もわかってないのが現状です(笑)

作り方のサイトを知人に教えてもらったり、自分で調べてみたりしたところ、


結構いますね~。ピザ窯を自作している方。



調べた結果、石窯を製作した皆様の大まかな流れは以下のようです。

1.石窯の完成イメージから設計図を作成。
2.材料の準備
3.土台作り
4.石窯本体づくり
5.煙突、扉などの付属品作り
6.完成。試食。


のようです。


材料は大体、耐火レンガ、耐火モルタル、ブロック等。

石窯の形によってはコンパネとかも必要みたいですね。

形や大きさによって材料の使用量も変わってくるので、とりあえず設計図を作成してみようと思います。


社長が
『どうせ作るならかっこいいもの作れよ。
特にうちの前に作るんだから通る人が足止めて見るくらいのものだぞ!』



了解しました!!


石窯は結構、燃焼室と焼くところが一緒になっているものが多いみたいです。

でも今回は燃焼室と焼くところが別の石窯を作ってみたいと思います。


そうすることによって燻製とかも作れるみたいなんですよね。

あと大きいほうが見た目かっこいいし。


まぁ、でかいこと言ってますが作れんのかな~これ(笑)


とにかく設計図作ってみます。

会社にあるCADソフトで作りました。あまり使ったことないものなので苦戦しましたが、
勉強だと思って頑張りました!

完成した設計図がこちら

d0327632_14245358.png


お~!ピザ窯っぽい~!! と思ってるのは自分だけ??



正面図の下側が燃焼室で上側がピザとかパンとか焼くところです。

サイズは115×92×132cmくらいですかね。まぁいいところでしょう!


大体イメージはついたので、次は材料集めかな~。


とにかくがんばります!
[PR]
by mch_base | 2013-10-04 14:36 | 趣味

石窯製作計画

すっかり寒くなってきましたね~。

もうバイク乗るのも辛い時期になってきました…



こういう時期はアツアツのピザでも食べながらビール飲むのがいいですよねぇ~。

でもピザって買うと高いんですよね。。。うまいんですけど。

みんなで食べて満足するって言ったらLサイズ3,4枚くらい頼まなきゃだし。




だから最近実家では生地から作ってるんですよ!

自分で作るとかなり安いし、うまい!!



現在、焼くのはオーブンなんですけど。

そこは欲が出てくるんですよね~。




『俺、ピザ窯作ろうかと思ってんだよ~』と社長が。



『いいねぇ~』と自分が。

正直なんとなくその話をお互いしていただけなんですよね~。。。



そう思っていた矢先に飲食業を手掛けている知人から、



『会社で石窯作れない??』と相談が。



いや~、何でもやる会社ですけど、なんせ基本は電子機器製造と板金加工ですからね~。


作ってみたいとは思ってましたが、なんせ趣味の範囲だと思っていたので、
仕事として成り立つのかが未知数ですしね~。




社長に相談してみると、


『まぁ、できるかどうかもわからんしな~。仕事としてどうかもわからないけど』



そうかぁ~…


『まぁ、でもうちに欲しいと思ってたしちょっと試作してみるか!!』



『っしゃ~!!!』



てな感じで石窯を作ってみることにしました(笑)


何もかも初めてなのでどうなるかわかりませんが頑張ってみます!!
[PR]
by mch_base | 2013-10-03 18:40 | 趣味

電子基板製作承ります。

d0327632_11531324.jpg


電子基板製作を承ります。


基板の大小、片面、両面基板など様々な基板の製作に対応できます。


回路図を頂いての製作はもちろん、回路図がなくても仕様からお客様とご相談させていただき、

弊社で回路図を作成し基板を製作することも可能です。


基板製作過程の一部をご紹介いたします。
d0327632_12412144.jpg


d0327632_1243544.jpg


d0327632_12432158.jpg



『基板を大量に作りたいんだけどどこかやってくれるところないかな?』ですとか、

『なにかこういったものを作りたい!! けどどうすればいいかわからない…』

とかありましたらお気軽にお問合せください。



(有)マイ・コント・ハウス函館
〒041-0812 北海道函館市昭和4丁目45-8
TEL (0138)43-7458 FAX (0138)43-7459
E-Mail kazuyuki.iida@ncv.jp
URL http://www6.ncv.ne.jp/~mch/
[PR]
by mch_base | 2013-10-02 12:49 | 電子機器