ハンダ吸取器 修理


弊社では基板修理や基板部品実装など行っております。


その際、基板に実装されている部品の取り外しをするために、

ハンダ吸取器を使ってハンダを除去し部品を取り外します。

実物がこれです。
d0327632_11134880.jpg

この吸い取り部分の部品の一部が頻繁に壊れてしまいます。
d0327632_11225579.jpg
d0327632_11384017.jpg

ただこの製品、もう生産終了して消耗部品の生産も終了してしまったようです。。。



ということはもう捨てるしかない!?


いやいや、正直ハンダ吸取器は高いので交換するのはちょっと…



じゃあ直せばいいのでは!?


でもどうやって付けるか…


溶接機を使っては無理みたいだし、

ハンダゴテで付けたとしても、吸取器自体に熱を持ってしまうから

溶けて取れてしまうし。。。



調べてみると『銀ロウ溶接』ってのが良さそう。


融解温度が620℃~800℃くらいなので、コテの温度では溶けないようです。

d0327632_11474403.jpg
このフラックスと銀ロウの二つを指定の割合で混ぜ、
接続部に塗りバーナーで炙ると銀ロウが融解し部品が付きます。
d0327632_11565128.jpg
d0327632_11575152.jpg

これが結構難しくて、バーナーで炙ってる時間が短すぎると銀ロウは溶けないし、

長すぎてもフラックスが蒸発してうまくつかなかったりします。

コツをつかむまで何回も失敗してしまいました(笑)

でもなんとかできました!!
d0327632_12000497.jpg

d0327632_12003531.jpg

取れにくくするために、耐熱の接着剤みたいなのをつけました。

なんとか使えるのでよかったです。



てか、最初から直せば良かった…買い換えずに…



壊れてるのが4,5本あったので全部直しました!




なんでもできることは自分でやらないとだめですね。



(有)マイ・コント・ハウス函館
〒041-0812 北海道函館市昭和4丁目45-8
TEL (0138)43-7458 FAX (0138)43-7459
E-Mail kazuyuki.iida@ncv.jp
URL http://www6.ncv.ne.jp/~mch/

[PR]
by mch_base | 2013-11-28 13:26 | 社内業務