PC コンデンサ交換

d0327632_16353165.jpg


工場や企業など高稼働のPCで電源が落ちてしまったり、再起動できなくなることがはありませんでしょうか?


これは高稼働(電源入れっぱなし等)により、電解コンデンサが爆発(パンク)したり、容量抜けしてしまうことが原因です。


特に、90年代後半~00年代前半のPCに資料されている電解コンデンサの不良が多いようです。


使用期間が10年くらい経っているPCで、マザーボードの電解コンデンサが膨らんでいるようなものも故障間近です。


しかし、電源が入らなくなってしまったようなPCのほとんどは、電解コンデンサの交換により修理可能です。


弊社では電解コンデンサの交換を承っております。


メーカーに修理に出すよりお安くできると思いますので、故障によりPCの買い替えや、

修理をお願いしようとしている方は、一度弊社にご相談いただければと思います。



(有)マイ・コント・ハウス函館
〒041-0812 北海道函館市昭和4丁目45-8
TEL (0138)43-7458 FAX (0138)43-7459
E-Mail kazuyuki.iida@ncv.jp
URL http://www6.ncv.ne.jp/~mch/
[PR]
by mch_base | 2013-10-15 16:35 | 電子機器