クラッチレバー交換

ある朝、久々にバイクで出勤だ!と思ってバイクに乗ろうとしたところ。


バイクスタンドが外れて家の階段のところにクラッチレバーのところが引っかかっていました。


『とりあえず倒れてなかったからよかった~』っと思いつつ乗ってみると。


ん?
d0327632_124682.jpg


!?
d0327632_12472992.jpg


いや"ぁああぁあ"あぁあ"ああ~!!!


壊れてる!!なんでやねん!!最悪だ!!



しかも外れてるだけなんじゃなくて根元からもげてるし…


この壊れているケーブルはクラッチセンサーと言って、ギアが入っているときでもクラッチを握ると
セルがまわせてエンジンスタートできるものみたいです。

キックは関係ないみたいだし、壊れていても走るのには支障ないみたいですが。。。


ケーブルは予備のものがあったので交換します。(でも、ついてね~)


とりあえず外してみようとクラッチレバーのカバーを外してみると。

!?
d0327632_12524836.jpg

クラッチケーブルの留め具ももげてるし!!おめ~もかよ!!


あーレバーごと交換だよ…めんどくさいよ…


とりあえず、クラッチレバーからケーブルを取り外します。

なんかネジが噛んでるので無理やり外します。
d0327632_1258061.jpg


センサーケーブルはタンクの下を通ってシートの下で接続されているので、
タンクとシートを外さないと交換できません。(めんどくせ~…)

d0327632_1301556.jpg

タンクとシート外しました。

コネクタを外します。
d0327632_1354683.jpg


外しました。
d0327632_13181414.jpg


ケーブルを同じように通しておきます。

これが壊れてないケーブル。
d0327632_13191132.jpg


とりあえずスタンバイOKなので、今度はレバーの部品を入れ替えます。

クラッチレバーをはずします。
d0327632_13331096.jpg


クラッチレバーを分解します。今回必要なのは黒い部品のみなんですが、予備のクラッチレバーは傷がついているので、
もともとついているクラッチレバーを利用します。

d0327632_13235728.jpg


組み立てます。
d0327632_13242913.jpg


そして、レバーにクラッチケーブルとクラッチセンサーをはめ込んで遊び調整をして完成です。
d0327632_13255234.jpg


いや~できてよかった~。



しかしクラッチケーブルもかなり劣化してるから新品に交換したほうがいいな~。


まぁ今回と同じ要領でやれば大丈夫でしょう。




でも、そろそろタンク交換とローダウンも本格的にはじめないとなぁ~。
[PR]
by mch_base | 2013-09-05 08:26 | TW200